ちょっと普通の男女交際ではないなとは思います

実際に私が援助交際というものをやってみた感想です。出会い系サイトを利用してどのような出会いを求めるかというのは、もちろん利用者の自由なので、他人に迷惑をかけないのであれば、どのような出会いを求めても構わないとは思うのですが、それにしたって援助交際というのは、かなり特殊な男女関係だと思うのです。

私はもともと、自分の容姿に自信がありません。容姿だけでなく、そもそも女としての魅力も今ひとつだと自覚しています。
それだけが原因ではないかもしれませんが、大学生の頃からよい出会いのチャンスがなくて、一応何かのサークルに所属していても(何のサークルに所属していたかも忘れるくらい、私にとっては充実感を覚えない時間でした)私はまったく蚊帳の外という感じでした。

やっぱり若いうちは特にそうなのですが、顔のきれいな男女だけがさっさと素敵なパートナーを作ってしまうので、わたしなんか魅力のない女は余ってしまうんですよね。出会いを求めるどころか、そもそも異性とどのような形でコミュニケーションをとって行けばいいのかということがわからないので、モテたくてもモテようがないという感じです。

人生は平等ではないものですが、恋愛の世界にももちろん格差があって、異性との交際に何の苦労もしない(というふうに私の目からは見えているだけで、実際にはとてつもない苦労をしているのかもしれませんが)人もいれば、私のように全く出会いのチャンスというものに恵まれない人間もいるのです。あまり言いたくはありませんが、生まれつき備わった容姿が、やはり恋愛においてはかなり有利不利を区別すると思います。

誰もが失恋というものを経験して、若いうちに結婚のチャンスを逃した人が婚活サイトやお見舞いなどで必死に相手を探して、それでやっと誰かと結婚することができたとしても、その結婚はきっと妥協以外の何物でもないですからね。結婚生活は妥協の産物だなんて言葉は、本当によくいったものだと思います。

結婚生活で幸せや刺激を感じられないのであれば、それこそ出会い系サイトでも利用して援助交際でもしてやろうかなって気分になっても不思議ではないですよね。怒られてしまうかもしれませんが、私は個人的な経験談などとも合わせて、援助交際というものに手を出すということ自体が、かならずしも悪いことだとは思いません。

援助交際に関する読んでおきたい記事→援交とは