失恋を怖がってはいけません

失恋を経験しない人なんていません、だから失恋を怖がってはいけないのです。失恋とは、自分が大人になるために必ず必要なプロセスです。ものすごく説教臭いことを言うようですが、もしも失恋を経験せずにオトナになった人がいたとしても、その人は最終的に、絶対に幸せにはなれないでしょう。

人生にはうまくいかないことがたくさんあります。男女の恋愛ももちろんその一つです。例えば男女が結婚することになった場合、その二人は間違いなく愛し合っているのだと思いますが、その二人が間違いなく初恋同士なのかというと、かならずしもそういうわけではないと思うのです。もちろん、完全に初恋同士のカップルがいないとは言いませんが。

極端なことを言えば、失恋を経験したからこそ素敵な恋が経験できるということも言えるわけです。恋愛のことに限らず、例えば仕事のことなどに置き換えて考えてみてもそうですが、一度何かで失敗したら、その時は誰かに怒られたり、いろいろと辛い思いをすると思うのですが、でもその失敗をしたおかげで、二度と同じ失敗をしないようにということで仕事のスキルが上がったり、あるいは、失敗を乗り越えられたことで上司の評価が上がったりしますよね。

恋愛についてもだいたい同じようなことが言えて、つまり失恋をきっかけに、どうしてあの子にふられてしまったのかということをいろいろと考えるわけですよ。男女の関係の場合は、もともと最初から二人の相性が合わないということも十分に考えられるので、必ずしも自分ばっかりが悪いとは限らないということもあるのですが、例えば失恋をきっかけにして、こういう欠点があるから相手にふられたのだということを反省するようになり、自分の欠点が直ったり、あるいは、こういうタイプの異性と付き合ったら自分はうまくいかないことが多いから、恋愛に対する価値観を見直そうといった具合に、じっくりと考えるべき問題というのが色々と見えてくるようになるんです。

例えば自分の欠点なんてものは、特に大人になってからはなかなか人に指摘されるということがありません。さらにいえば、自分の欠点をストレートに指摘して教えてくれる異性なんてほとんどいません。欠点を指摘されていないのだから、じゃあ異性に嫌な思いをさせていることは無いのかというと、残念ながら、そういうわけでもなくて、口に出して欠点を教えてくれることは無いくせに、特に女性は男性のことをとても厳しい目で見ていて、何にも言わないくせに、気が付いたら女性の評価がものすごく下がっていて、なんだかそのまま振られたということもあり得るわけです。

そういうつらい経験を繰り返したら、少しずつですが女性の気持ちみたいなものがわかってきます。そういうのがわかったら、女性にも好かれるようになるのです。

出会い関連の参考サイト【出会系アプリ 無料】