出会いアプリで気をつけたいことを考えてみる

アプリは、とても便利なものでスマホを利用している人には欠かせないものですよね。そして、スマホを利用している人の多くは、何らかの出会いを求めている人も多いと思います。人付き合いに疲れたという人もいるでしょうが、たいていの場合、自分と趣味や話し方、価値観がぴったりで一緒にいて楽な人とは、疲れることはないでしょう。

今までの出会い系サイトと聞くと、恋人を探すサイトがメインなイメージがありますが、出会いアプリでは恋人はもちろん友達や同じ趣味を持った仲間と出会うためのアプリがあります。1つのアプリにつき1つのコンセプトで、ユーザーがより利用しやすい形になっているのが、出会いアプリのいいところです。

なので、多くの人が実現したかった同じ趣味を持つ仲間なども作ることができます。ただ、出会いアプリで気をつけたいこともあります。それは、業者に騙されたり知り合った人から利用されたりということです。一般的なサイトは、個人でも自由に簡単に作ることができます。

サイト自体は、アダルトなこともゴシップなことも書いても規制されることはありませんが、アプリは規制されます。なので、安全面でいえばサイトよりアプリの方が安全性が高いでしょう。ただ、それでもアプリを使っている中に業者や利用者を利用しようとする人がいれば、注意です。

たまに、出会いアプリの中に明らかに業者だとわかるような人がいます。恋人探しのアプリで、とても美人な写真が使われていても、見た感じ不自然な写真だったり、他の地域にも同じような写真と言葉が使われているものもあります。別なサイトであれば、そうした転載も効くでしょうが、同じサイトでそうしたことをしても、すぐに業者だとバレてしまいます。

話し口も業者っぽく、実際に返信をした人にはやはり別な出会い系サイトへの誘いがくることもあります。それは、写真の女性はすでにいなくて別な人がメッセージの対応をしていると考えたら、バカらしいですよね。それは、アプリ側の意図ではなくアプリを利用している人が仕掛けてくることです。

これは、出会い系サイトだけじゃなく人と人が交流するような場では起こりがちなことです。例えば、最近ではネット上でSNSを利用する人がとても増えています。また SNS自体も新しいものが登場したりと出会いの場が増えていますし、やはりそうしたつながりを求めている人が多いということもわかります。

ですが、そうしたところでは常に業者が湧いてきます。やはり、綺麗な女性になりすまし不特定多数の男性へメッセージを送ります。ただ、これも最初の頃はそうした知識がない人は、引っかかりやすいのも事実です。「自分はそんなのに引っかからない」という人でも、どういう手口で近づいてくるかが分からなければ、当たり前のことと思ってしまい、引っかかるケースもあるようです。

もっともらしい理由をつけてきます。例えば、このSNSは身近な人が使っていて見られたくないからやめようと思っている。でも、あなたとの関係は続けたいから、メールアドレスにメールをください、といったような流れです。そこにメールをしてやりとりをしていると、出会い系サイトへ誘われたりします。

なぜ、わざわざそんなサイトに引っ張るのか?考えたら馬鹿馬鹿しいことですが、これに引っかかる人もいるようです。なので、そうした誘いがきたら断れば大丈夫です。他にも、普通の人を装って実際に会ってみたらお金を使わせようとしたり利用したりする人もいるようです。

そんな人とは、次から会わないようにすればいいでしょう。アプリ自体は審査を受けてアプリ化されるのですが、そうした利用している人に気をつけることが、出会いアプリで注意したいポイントです。

安全に出会アプリを利用する方法まとめ→出会アプリ せふれ

ちょっと普通の男女交際ではないなとは思います

実際に私が援助交際というものをやってみた感想です。出会い系サイトを利用してどのような出会いを求めるかというのは、もちろん利用者の自由なので、他人に迷惑をかけないのであれば、どのような出会いを求めても構わないとは思うのですが、それにしたって援助交際というのは、かなり特殊な男女関係だと思うのです。

私はもともと、自分の容姿に自信がありません。容姿だけでなく、そもそも女としての魅力も今ひとつだと自覚しています。
それだけが原因ではないかもしれませんが、大学生の頃からよい出会いのチャンスがなくて、一応何かのサークルに所属していても(何のサークルに所属していたかも忘れるくらい、私にとっては充実感を覚えない時間でした)私はまったく蚊帳の外という感じでした。

やっぱり若いうちは特にそうなのですが、顔のきれいな男女だけがさっさと素敵なパートナーを作ってしまうので、わたしなんか魅力のない女は余ってしまうんですよね。出会いを求めるどころか、そもそも異性とどのような形でコミュニケーションをとって行けばいいのかということがわからないので、モテたくてもモテようがないという感じです。

人生は平等ではないものですが、恋愛の世界にももちろん格差があって、異性との交際に何の苦労もしない(というふうに私の目からは見えているだけで、実際にはとてつもない苦労をしているのかもしれませんが)人もいれば、私のように全く出会いのチャンスというものに恵まれない人間もいるのです。あまり言いたくはありませんが、生まれつき備わった容姿が、やはり恋愛においてはかなり有利不利を区別すると思います。

誰もが失恋というものを経験して、若いうちに結婚のチャンスを逃した人が婚活サイトやお見舞いなどで必死に相手を探して、それでやっと誰かと結婚することができたとしても、その結婚はきっと妥協以外の何物でもないですからね。結婚生活は妥協の産物だなんて言葉は、本当によくいったものだと思います。

結婚生活で幸せや刺激を感じられないのであれば、それこそ出会い系サイトでも利用して援助交際でもしてやろうかなって気分になっても不思議ではないですよね。怒られてしまうかもしれませんが、私は個人的な経験談などとも合わせて、援助交際というものに手を出すということ自体が、かならずしも悪いことだとは思いません。

援助交際に関する読んでおきたい記事→援交とは